製品情報

光硬化型接着剤

fla01

UV接着の常識にとらわれない、透明性・耐久性に優れた光硬化型の高機能な接着剤、仮固定剤を独自開発。 光学、水晶・ガラス・プラスチック加工、建材、自動車、電子部品など幅広い用途でご使用いただけます。

光学用接着剤

item01

オプトクレーブ

オプトロニクス用に開発された1液性光硬化型接着剤 【用途例】
  • 光学レンズ
  • プリズム
  • カメラモジュール
  • 光ファイバー
  • 光学フィルター
  • 光導波路など各種光学部品
詳細を見る詳細を閉じる

特 長

  • 光の伝搬に支障がない
  • 屈折率が安定している
  • μmの固定精度が得られる
  • 異物を含まない高純度製品
  • 長期間に渡る接着耐久性がある

item01

要求性能を満たすように特別に開発された、1液性の高性能光硬化型接着剤

製品ラインナップ

製品名 特長 用途 光源
UT20 ガラス接着性
超耐光性・精密接着性
耐水耐湿性
紫外線露光器
PBSプリズム
ダイクロイックプリズム
光学フィルター用
UV
UT20V UVカットガラス接着性
耐光性
耐水耐湿性
PBSプリズム
ダイクロイックプリズム
光学用フィルター
UV / 可視光
HS226 150℃の環境下に1,000時間置いても透明性や接着力が損なわれず、280℃までの加熱処理が行われる工程でも使用可能 PBSプリズム
ダイクロイックプリズム
光学用フィルター
UV
QZ62TP-80 熱膨張係数の異なる材質の光部品を接着した際の湿度変化に対して良好な耐久性 小・中口径光学レンズ
屋外用カメラレンズ
球面接合用途
その他 湿度変化耐久性が要求される用途
UV / 可視光
QZ628 ガラス接着性
耐光性・耐水接着性
柔軟性・湿度変化耐久性
小・中口径光学カメラレンズ
色消しレンズ
UV吸水性の光学部品
その他水晶光学部材などの熱膨張係数の異なる光学部品の接合など
可視光
V300 UVカットガラス接着性
金属接着性
レンズ
レンズの枠固定
プリズム
光学フィルター用
UV / 可視光
HV153 UVカットガラス接着性
高屈折率、可視光耐光性
耐水耐湿性
PBSプリズム
ダイクロイックプリズム
光学フィルター用
UV / 可視光
OPM55 PMMA接着性
PC接着性、耐水耐湿性
レンズ
プリズム
光学フィルター
可視光

アクリル・ポリカ、ガラス、異種材用接着剤

クリアルーチェ

クリアルーチェ

看板切り文字用途に最適な、可視光重合型プラスチック用接着剤 【用途例】
  • アクリル、ポリカーボネートなどプラスチックを使用した看板切り文字製作用

クリアルーチェ作業イメージ

ベネフィックス

ベネフィックス

光硬化技術を駆使して開発されたガラス加工専用の高機能接着剤 【用途例】
  • 大板ガラス接着
  • ガラス板多層接着
  • ガラスラミネート接着
  • ステンドグラス接着
  • アルミとガラスの接着
  • ガラスケースの小口接着
エピカコール

エピカコール

熱膨張率が異なるガラスとアクリル樹脂などの異種材質も強固に接着 【用途例】
  • ガラス+アクリル
  • ガラス+ポリカーボネート
  • アクリル+ステンレス
  • アクリル+アルミ など
epika-item
詳細を見る詳細を閉じる

特 長

エピカコールの特徴

item01

UV吸収剤を気にせずに使うことができる新たな製品として展開可能

製品ラインナップ

仮固定剤

クリアプレスト

クリアプレスト

部品加工工程(切断・研磨など)の幅広い用途に対応した、環境に優しい、光硬化型の仮固定剤です。従来の仮固定作業に比べて大幅に作業効率の向上が図られますので、製造工程と作業時間の削減によるトータルコストの削減が実現できます。 【用途例】
  • 水晶、サファイア、石英等の透明素材
  • カバーガラス
  • SUS
  • フェライト
  • その他幅広い分野に適用
epika-item

詳細を見る詳細を閉じる

Kシリーズ▶︎精密部品加工用 <完全環境対応>(耐熱性を有する製品もラインナップ)

Kシリーズの特長

  • ・超低粘性で優れた濡れ性を示し、μm オーダーの精密な作業ができます。
  • ・薄膜で強固に接着し、コート面の加工傷防止やチッピング防止に効果があります。
  • ・常温水またはエタノール水溶液浸漬で剥離できます。

硬化光源

  • ・UVおよび可視光

Kシリーズ作業イメージ

Kシリーズ作業イメージ

基本特性

基本特性

CPシリーズ▶︎大型部品加工用 <超短時間剥離>

CPシリーズの特長

  • ・ワックス以上の接着力を持つので、様々な加工の仮固定に適用できます。
  • ・熱水浸漬で秒単位剥離できるので、作業時間の大幅な短縮が可能です。
  • ・仮着層がフィルム状に自然分離するので、後処理も非常に簡単です。

硬化光源

  • ・弊社製可視光蛍光灯「FL-V」による可視光硬化

CPシリーズ作業イメージ

CPシリーズ作業イメージ

基本特性

基本特性

自動車フロントガラス補修剤

Vシリーズ

Vシリーズ

ウインドリペアレジン「可視光および紫外線で硬化します」

傷や亀裂の生じたフロントガラスには、可視光硬化型のリペアレジンを浸透させ、接着硬化させる補修方法が効果的で、補修したガラスは破損前とほぼ同等にまで強度を回復できます。

vs-item01
詳細を見る詳細を閉じる

特 長

オプトエレクトロニクス業界で認められた技術力
長期耐久性に富み、安定した屈折率を有します。
異物を含まず高純度製品で高い透明性を示します。
ヒケや黄変の発生を防ぐ
直射日光が継続的に当たっても優れた耐光性を有するため黄変を防ぐことができます。
レジンの粘度が低いため浸透性も抜群で、作業の効率化が図れます。
可視光硬化型ですので、紫外線(UV)カットのフロントガラス内側【車内】からの光硬化が可能
ドリルホールに充填したレジンは、傷の奥方向に引っ張られる為、ヒケの発生を抑制。
無溶剤系で環境対応された製品群
無溶剤系の環境対応製品です。製品ラベル、安全データシートもGHSに対応。
長年の納入実績と品質信頼性
国内の自動車メーカーをはじめとし、多くの納入実績を有します。
ドロップインが可能
一部の工具変更が必要となりますが、現在ご使用中のリペアキットにドロップインできます。
硬化光源をFL-Vに変更いただく必要があります。

Vシリーズによる補修効果

製品ラインナップ

V10<充填用> V10<充填用>

最も粘度が低く、細かい傷にも短時間で浸透します。スターブレイク傷のような極めて細かい傷に適します。(大きなブルズアイ傷に使用するとヒケが発生することがあります)

V28<充填用> V28<充填用>

スターブレイク傷、ブルズアイ傷やコンビネーション傷の全ての傷に適します。浸透し易くヒケもほとんど発生しません。

V60<充填用> V60<充填用>

V10やV28より浸透時間は長くなりますが、ヒケのない確実な補修が可能。大きな空隙を有するブルズアイ傷、コンビネーション傷や傷の頭部をドリルで拡大処理したような場合の傷に適します。

V70<仕上げ用> V70<仕上げ用>

仕上げ用のピットレジンで、傷内部の補修が完了した後に、傷表面に使用して傷表面をきれいに仕上げるためのレジンです。雨や太陽光に強く長期間変色しません。

可視光硬化型Vシリーズを採用することにより得られるメリット

可視光は、医療業界でも治療に用いられる光波長域です。一方、UV(紫外線)は、白内障や角膜炎、さらに黄斑変性症(おうはんへんせいしょう:視界がゆがんだり失明したりする病気)になるリスクを眼科医などが警告しています。
光硬化型のレジンは、光が照射された方向に引っ張られます。ドリルホールに軽微な気泡が残りやすいのは、このためです。可視光硬化のレジンを用いれば、紫外線(UV)カットされたフロントガラスに対し、車内側より光を照射しレジンを硬化させられます。車内側より光を照射しますので、ドリルホールに充填したレジンは、傷の奥方向に引っ張られ、気泡が残ることなく硬化され、抜群の仕上がりとなります。

硬化後(作業後)の特性や耐久性はレジンの性能で決まります。可視光硬化型で深部硬化性に富みます。紫外線(UV)硬化と大きく差別化できます。

専用硬化光源

FL-V/FL-V45

FL-V/FL-V45

当社接着剤専用の硬化用可視光蛍光ランプ

当社の可視光硬化型接着剤は、審美性に優れた仕上げが可能な、非常に優れた特性を有しています。その特性を最大限に生かすには、接着剤を硬化させる際に使用する光源選びが非常に重要となります。

詳細を見る詳細を閉じる

特 長

  • 審美性に優れた仕上げが可能ですので、接着後の様々なトラブルを回避することにつながります。
  • 人体に有害な紫外線や熱線の出力がほとんど無いので、安全性に優れています。
  • 一般照明用の蛍光灯灯具で点灯させることができるので、経済性に優れています。
  • 弊社接着剤と「FL-V」「FL-V45」を併用して可視光硬化システムを構築することにより、UV吸収性材料やUV及び熱劣化を受けやすい材料も、可視光硬化によって接着する事が可能になります。

FL-VシリーズとFL-V45シリーズ

可視光と紫外線

可視光(かしこう)とは、「ヒトの目で見える光」のことで、JISでは380nmから780nmと定義されています。この領域より波長の短いものを紫外線、長いものを紫外線と呼び、ヒトの目には見ることができなくなります。
可視光は、人の身体に優しい光ですが、一方、目に見えない紫外線と赤外線は、人の身体にさまざまな影響を及ぼします。赤外線は熱を感じますが、何も感じない赤外線は特に危険です。

fl-item02

可視光で硬化作業をするメリット
  • ・ 硬化深度が深く、多層接着ができる
  • ・ 消費電力が少ない
  • ・ 照射用のランプが安い
  • ・ ランプの耐久寿命が長い
  • ・ 追加投資金額が少なくてすむ
  • ・ 紫外線をカットするガラスでも硬化することができる など
  • お問い合わせフォーム